小田急1000形ワイドドア車改造前

1000形ワイドドア車改造前
1000形ワイドドア車のドア2m全開時の写真。1998年3月、相模大野駅にて。

雪が降っている日など、いかにも寒そうである。
座席数の減少が不評を買い、この後ドアの開口幅を1.6mに縮小する改造が行われた。
写真一番手前の端部のドアは1.5m幅である。
写真の1555号は後に中間車に改造され、現在1856号に改番されている。
端部の1.5mのドアは改造後もそのままで、この端に昔運転台があったのだな、と判るわけである。

TOPページへ / 1000形のページに戻る / 小田急のページへ