小田急電鉄2400形室内
2400形室内
2400形の室内。1977年5月。藤沢。
ドア付近の吊革は後で増設された物である。
急行使用を前提とし、座席はゆったりしている。
貫通路が広いのが小田急電車の特徴で、幅は1080mmあったが、これも5000形をもって終了し、8000形から幅が狭くなってドアが設けられるようになった。

TOPページへ / 2400形のページに戻る / 小田急のページへ