江ノ島電鉄1000形

(その2-1100、1200、1500番台車の昔の写真)

2009年7月14日新規

本ページは、2009年7月に纏めました。

TOPページへ鉄道のページへ江ノ島電鉄のページへ1000形(その1)へ
サイトマップ

1100番代

江ノ電1151
1151 湘南海岸公園、1985年。
1000形の冷房準備工事車として1981年に登場。1100番代として区別された。
1982年に冷房化され、その後1000番代車も冷房化された為、違いは殆どなくなっている。

1200番代
江ノ電1151
1201 柳小路付近、1986年8月。
1000形の冷房車として1983年に登場。1200番代として区別された。
前照灯が角型になったのが一番の相違点である。

1500番代

江ノ電1501
1501 石上駅付近、1986年8月。
 1000形の増備車で駆動方式をそれまでの吊り掛けから平行カルダンに変更した車両として1986年に登場。1500番代として区別された。
 1987年に1本増備され、2編成がある。
 上の写真は登場直後で、まだ名称が決まっておらず、サンライン号のヘッドマークを付けていない。
江ノ電1501HM
1501 石上-柳小路、1987年2月。
 公募によりサンライン号の愛称が付けられ、ヘッドマークを付けて走るようになった。
 1501+1551が「サンライン」、1502+1552が「サンラインII」とされた。
 その後、塗り替えられて(江ノ電は広告塗装など、結構頻繁に色が変わるのでどのくらい変更されたのかよく分からないが)走っていたが、2009年6月に1000形登場30周年記念イベントとして1501+1551の1編成がこの登場時の塗装に復元されている。

江ノ電で江ノ島・鎌倉へ
【JTB】東京・横浜・首都圏のおすすめ旅館・ホテル

TOPページへ鉄道のページへ江ノ島電鉄のページへ1000形(その1)へ
サイトマップ