江ノ島電鉄1000形

(その1-1000番代車)

2007年10月9新規

1979年12月に106形以来実に48年ぶりに就役した新車が1000形です。
この1000形は、1979年に1001+1051、1002+1052、1981年に冷房準備工事の1101+1151、1983年に冷房装置搭載で前照灯が角型の1201+1251、1986年に駆動方法を釣掛け式から平行カルダン式に変更した1501+1551、1987年に1502+1552と6編成投入されています。全車両東急車輛製です。
今や江ノ電の顔と言っていいでしょう。

TOPページへ鉄道のページへ江ノ島電鉄のページへ1000形(その2)へ
サイトマップ


1000-1
1980年1月、江ノ島―腰越。
就役後間もない頃。

1000-3
1980年夏、鵠沼―湘南海岸公園。
ブルーリボン賞受賞記念列車。
運転台周りに人がいっぱい居るのが何だか異様な雰囲気だ。

1000-2
1980年12月、稲村ヶ崎―極楽寺。
早朝の106形の運用と入れ替わりの回送列車。
単線でほぼ終日完全12分ヘッドの江ノ電では日中に回送列車を見ることはまずない。


1000-4
2007年5月、石上―柳小路。
最近の1002編成。連結器周りの造作が変更になり、なんか妙なカラーリングに変更されている。

1000-5
2007年5月、石上―柳小路。
最近の1001編成。こちらは花柄である。

江ノ電で江ノ島・鎌倉へ
【JTB】東京・横浜・首都圏のおすすめ旅館・ホテル

TOPページへ鉄道のページへ江ノ島電鉄のページへ1000形(その2)へ
サイトマップ