パソコンルーム・ソフトウエアの話
(フリーソフトの類篇)

2005年11月3日初版、2006年7月1日第三版。

ここでは、私が使用しているパソコンソフトについて語る事にします。

TOPページへ
パソコンルームへ / 市販ソフト篇へ
ノートパソコン(その1)ソーテックWA2200M4へ / ノートパソコン(その2)ゲートウェイMX6132jへ

 ●オープンオフィスオルグ2.0.2
 パソコンといえば、まずオフィスソフトが付いてきていると思います。
 まあ、大抵はマイクロソフトオフィス(以下MSオフィスという)だと思うんですが、これ、2年毎に律儀にバージョンアップしており、そのバージョンアップ料が結構高くて2万円台だったりします。
 或いは新規に導入しようとすると、5万円とか掛かったりします。
 母艦の東芝BREZZA5133MBにはMSワード95/エクセル95が付いてたんですが、ワードを2000にバージョンアップするのが金銭的に精一杯で、エクセルは95のまま使っていました。  しかし、エクセル95は縦方向のセルを結合する機能がなく、そういう書式を使って98以降で作成したファイルを95形式で保存して95で開くと、そりゃあもう情けない状態になります。  そんな時、2002年の暮れだったと思いますが、オープンオフィスオルグの存在を知りました。
 ワープロ、表計算の充分な機能を持ち、しかもオープンソースなので無料で使用することが出来るので早速ダウンロードしてインストール。もうかれこれ3年になろうとしています。

 導入の利点
 まず、無料である事。バージョンアップが楽しみになる事など、精神衛生上大変よろしい。
 MSオフィスのファイルが開ける。
 MSエクセルがファイル内部に問題がある場合に時たま開けなくなる場合があっても、オープンオフィスオルグはとにかく開く。
 ファイルの互換性はかなり高い。しかし同じソフトではないので完璧を要求してはいけない。
 マルチプラットフォームであり、OSへの依存度が低い。
 バージョン2.0に上がり、エクセルと同じ大きさのシートを扱えるようになった。
 などなど。既にお金を払ってオフィスソフトを使う理由はなくなっていますね。
 現在バージョン2.0.2。英語版の2.0.3が出ていますので、日本語版も間もなく出てくるでしょう。バージョンアップするごとにブラッシュアップされてきています。

オープンオフィスオルグの日本ユーザー会へは下記バナーをクリックすると飛べます。
早く使用した人ほど得をしますよ。
OOoを使おう

 ●TeraPad
 このホームページは元々MS Front Page Expressで作り始め、その後ホームページマネージャー、オープンオフィスオルグHTMLエディタ、alphaEDITとソフトを代えてきましたが、どのソフトもタグの付け替えを勝手にするので、CGIを組み込む際に大変具合が悪い状態になります。
 結局、アップロード前にテキストエディタでタグ、スクリプトのチェックをしなければならないので、それならば、テキストエディタで最初から編集した方が精神衛生上よろしいという事になり、現在はテキストエディタで編集しています。
 で、そのテキストエディタというのがTeraPadです。
 メモ帳並みに軽快に動いていますし、文章を推敲するには重たいワープロを態々起動する事もないですから、もっぱらTeraPadを使用しています。
 タグ表示、ブラウザ起動機能等のHTML編集支援機能もあって、出来上がりを見ながら編集できるので便利です。
 矩形選択、矩形張り付けなど、メモ帳にない便利機能もあり、かつ軽いので、私はメモ帳をこれに完全に置き換えています。

TeraPadのサイトはこちらから

 ●JTrim
 ホームページ上で画像を扱う以上、フォトレタッチソフトは必須です。
 今使っているのがこのJTrimです。
 手順は以下の通りです。
 TWAINからの入力機能があるので、これで取り込んでJPEG最高画質で原版保存を行います。ポジ・ネガからは2400dpi、プリントからは600dpiを基準にしています。
 次に画像の傾きを修正してから余分な部分をトリミングします。
 γ補正でちょっと持ち上げ(コントラストより前にまずγを調整するのが基本)、色合いを調整します。
 ノートパソコンの液晶画面で色を見ていますので、デスクトップやCRTで観ると若干赤っぽく見えるかもしれません。
 縮小します。弊ホームページでは横480ドットを基本とし、ギャラリーページは640ドットを基本としています。
 縮小してからエッジの強調を行います。エッジの強調でノイズが出る場合のみシャープにする加工で代用します。
 JPEG保存します。ファイルサイズを見ながら画質を調整しますが、概ね70〜85%くらいですかね。

JTrimのサイトはこちらから

 ●FTP Transporter
 ホームページを立ち上げるにはFTPクライアントソフトが必須です。
 最初AutoFTPというソフトを使っていましたが、サーバのファイル操作に制限があったので、FTP Transporterに変更しました。
 最近バージョンアップしていませんが、CGIファイルの転送も出来ますし、すでに完成されていると言ってもいいでしょう。これで不自由はしていません。
 何故かFTPクライアントソフトというとFFFTPが例示されている事が多いですが、FTP Transporterも遜色ないと思うんだけどなあ。

FTP Transporterのサイトへは下記バナーをクリックすると飛べます。
FTP Transporter

 まだまだ使っているソフトは沢山ありますので、随時追記してゆく予定です。

TOPページへ
パソコンルームへ / 市販ソフト篇へ
ノートパソコン(その1)ソーテックWA2200M4へ / ノートパソコン(その2)ゲートウェイMX6132jへ